Toptica

COOL Technology – 定光出力テクノロジー

 

 jpn_cool_1Schematic of COOL-AC Technology    COOL(定光出力)テクノロジーはTOPTICA社の高出力シングルモードファイバー結合レーザーにおけるユニークな技術です。高効率での極小シングルモードファイバ(2.5μmコア径までへの調心や集光は最大の挑戦です。レーザーポインティングの変動、ビームパスの偏差、ファイバーマウントのわずかな熱的あるいは機械的なドリフトなど全てはファイバー結合効率の大きなロスの原因になります。今まで多くの場合は訓練された技術者によっての手動での再アライメントがレーザー出力の再調整のために度々必要とされてきました。TOPTICA社のCOOLファイバー結合技術は新しい概念です。なぜならばそれは一般的に温度や機械的な影響を受け変動しやすい機械的な微調整部品を使いません。全ての主要な光学部品は完全に固定され、そして光学的微調整は温度や機械的な歪みの影響を受けません。
TOPTICA社のCOOLファイバー結合技術は新しい概念です。なぜならばそれは一般的に温度や機械的な影響を受け変動しやすい機械的な微調整部品を使いません。全ての主要な光学部品は完全に固定され、そして光学的微調整は温度や機械的な歪みの影響を受けません。

 

2種類のテクノロジーがあります。

COOLDC:
- 小型ダイオードレーザー用に作られた耐久性を兼ね備え高度に調整された機能 (iBeam smart PT)
- 工場内調整による永久的な50%以上のファイバー結合効率
- 15~35℃間の温度変動に影響されにくい
- 大きな機械的擾乱に影響されにくい

COOLAC:
- COOLDC と同じ基本的機能
- 自動校正機能
- 50%以上のファイバー結合率が一つのボタン操作によって回復
- 多重波長レーザーに適している

CHARM COOL FINE SKILL
TopMode x
iBeam smart   x x
iBeam smat PT x (DC) x x
iChrome MLE x (AC) x