Toptica

TOPTICA WEB SITE

PRO Technology     ~ PROテクノロジー ~

jpn_pro Technology_1

arrow-red 究極の安定性
arrow-red 高いユーザビリティ
arrow-red 熱および音響ノイズに対する堅牢性
arrow-red 可能な限り自動化されたオペレーション
arrow-red 拡張性の高いモジュール設計
arrow-red 特許を有するDL PROデザイン (DE 10 2007 028 499, US 7970024)

TOPTICA社のPROテクノロジーではこれら全てをご提供することが可能です !
科学研究における成功~理化学研究には優れた成果を生むために最高水準の研究機器を必要とします。 また特筆すべきデータを取得するためにはレーザー技術に依存した長い期間を費やす必要があります。このことに留意しつつTOPTICA社の独自特許を有するPROデザインのレーザー製品群は最高の安定性、優れた仕様と最適化された使いやすさを同時に実現致します。 DL proは2007年のリリース以来、革新的なレーザー共振器設計を特徴とし温度変化と振動に対する堅牢さに対して新しいベンチマークを示しました。 同様にPROデザインは当社の光増幅システムおよび 周波数変換・波長可変半導体レーザー に対して、また同様に 超短パルスファイバーレーザーにもすぐに採用されました。

 

PROシリーズ
jpn_pro_DL jpn_pro_TA jpn_pro_SHG  jpn_pro_DL SHG jpn_pro_FemtoFiber
DL pro
波長可変
半導体レーザー
TA pro
増幅器付
波長可変
半導体レーザー
SHG pro
独立型
第二高調波発生器
DL-SHG pro,
TA-SHG pro,
DL-FA-SHG pro,
DL-FHG pro,
TA-FHG pro,
DL-FA-FHG pro

周波数変換器付
(増幅器付き)
半導体レーザー
FemtoFiber pro
ハンズオフ
フェムト秒
ファイバーレーザー

 

PROテクノロジー
jpn_pro inside_1 独自の共振器デザイン
arrow-red  最大のモードホップフリー波長可変レンジ
arrow-red  最高の音響ノイズおよび熱に対する安定性
jpn_pro inside_2 独自の共振器デザイン(SHG-ユニット)
arrow-red  モノリシック固体金属ブロックで製造されカバーで完全密閉
arrow-red  ミラーマウントとSHG結晶は共振器を閉じた状態で調整可能
arrow-red  エアーシールされた共振器
jpn_pro inside_3 柔軟性に基づいた高安定性ミラーマウント
arrow-red  レーザーヘッドが閉じた状態で上部から調整可能
jpn_pro inside_4 レーザーヘッドは固体金属ブロックから加工されます
arrow-red  振動、音響ノイズ、温度に対して高安定
jpn_pro inside_5 最新の製造技術(ワイヤー侵食技術)