Toptica

iChrome CLE

Compact, efficient four-color laser engine

  • cle2
    • 4 つの波長をコンパクトな筐体に収納
    • 405, 488, 561, 640 nm 各波長で > 20 mW
    • COOLAC 自動アライメント機能
    • 多様なモジュレーション機能を搭載
    • 簡単操作のユーザインターフェース

 

 

 

TOPTICA社の iChrome CLE は4つの波長をワンボックスに搭載した小型設計のレーザーエンジンです。搭載された4つの波長は1本の偏波面保存型シングルモードファイバーを通して出力されます。405, 488, 561 および 640 nm それぞれの波長において 20 mW のファイバー端出力が保証されています。TOPTICA社が独自開発したCOOLAC 自動アライメント機能を搭載することにより完全なプラグ&プレイを実現しています。

このことによりユーザーは簡単なボタンクリックのみでレーザーを使用する準備が全て整います。561 nm はTOPTICA社独自開発のFDDL技術が用いられています。全てのレーザーラインは最大1MHzの高速で直接変調が可能でOFFの状態ではいわゆる”ゼロフォトン”に例えられる完全消灯が可能です。

Specifications

発振波長 405 nm 488 nm 561 nm 640 nm
中心波長公差 ± 4 nm ± 4 nm  nm +3 / -5 nm
ファイバー端でのCW出力 20 mW 20 mW 20 mW 20 mW
光学クリーンナップ: 透過 / バンド幅 (典型値) >90 / 10 %/nm >90 / 6 %/nm  **************** >90 / 8 %/nm
出力安定性 (8時間にて、環境温度変化 +/- 3 °C) ± 5 %
RMS ノイズ (10 Hz – 10 MHz) < 0.2 %
< 1.1
楕円率 < 10 %
偏光状態 直線
偏光比 (典型値) > 100:1
偏光角公差 (コネクターキーに対して) 直線, ± 3° (スロー軸がコネクターキーに調整されています)
Fiber Specification     
ファイバー出力コネクタ FC/APC (8° 角度研摩) 。 FC/PC, FC/AFC, FCP8, SC も対応可能
ファイバー長 (最大.) 2 m
ファイバー被覆 3 mm ステンレス保護チューブ(強化PVC)
ファイバー最小曲げ半径 50 mm
ファイバー種別 偏波保持型シングルモードファイバー
ファイバNA (5%) (典型値) 0.072 0.069 0.066 0.062
モードフィールド径 (典型値) 3 µm 3.5 µm 3.5 µm 4.2 µm
Electronic Specification      
デジタル変調
デジタル信号レベル(種別) TTL
最大デジタル変調周波数 1000 kHz
ライズ/フォールタイム (10% – 90 %) < 0.2 µs
電気/光トリガー遅延時間 (典型値) < 1 µs
デジタル変調消光比 inf.
アナログ変調
最大アナログ変調周波数(変調深さに依存します) 1000 kHz
電気/光トリガー遅延時間 (典型値) < 1 µs
デジタル変調消光比 inf.
General  and Environmental Specification     
適合規格 CE compliance / RoHS complinace / CDRH
レーザー安全クラス 3b
デジタル通信インターフェイス RS 232 (≤ 115.200 baud), イーサネット
動作温度範囲 15 .. 40 °C
保存温度範囲 -10 .. 60 °C
動作相対湿度 < 90 %, 結露無きこと
レーザーヘッド寸法 248 x 201 x 110 mm3 (L x W x H)
csm_toptica_skyline_CLE_346d014946 iChrome_CLE_functional_principle 

 

 

iChrome CLEの波長/出力ラインナップ iChrome CLEの内部動作原理