Toptica

PDD 110 – Pound Drever Hallモジュール

PDD 110 – Pound Drever Hallモジュール

jpn_pdd110_1

  • 分散エラー信号生成モジュール
  • 広帯域のトップ-フリンジレーザーロッキング用
  • 周波数変調によるエラー信号発生
  • 基準周波数可変範囲 12 – 35 MHz
  • 2チャンネル,広帯域バージョン有

Pound Drever Hall法ディテクター PDD 110 は半導体レーザーをリファレンス媒体(例:光共振器)の最大吸収率,または最大透過率へのロックを行うのに用いられます。PDD 110 は半導体レーザーの周波数変調用として内部のHF発信機を元にしていることを特徴としています。レーザーをP.I.D制御するための信号は、 内部のHFをリファレンスとし検出した信号から非常に広帯域でしかも忠実に位相を再現し復調されます。

Technical Information

仕様 PDD 110
変調周波数 標準 20 MHz, 12 – 35 MHz(調整可),
(その他周波数についてはお問い合わせください)
HF 出力アンプ 1 Vpp (+4 dBm) @ 50 Ω, (それ以上についてはお問い合わせください)
第2高調波抑制 オプションのローパスフィルターあり(推奨しません)
位相調整 0° .. 190° 及び 反転 (±180°)
バンド幅 / 遅延 全体で12 ns 遅延, 100 MHz バンド幅

 

 

Pound-Drever-Hall法検出図

 

 

 

 Pound-Drever-Hall法エラーシグナル

 

Options & Related Products

 

Option:

  • 線幅狭窄(ナローウィング)用に設計された広帯域バージョンのPDD 110/Fもございます。信号処理は全て100MHzのバンド幅が有ります。 またPDD 110のトータル遅延時間は12nsです。
  • 2チャンネルバージョンPDD 110/Dualもございます。 ひとつの変調信号から2つの独立したエラー信号を得ることが出来ます。レーザーを共振器と原子吸収線の両方に同時にロックするなどの用途に用いられます。


Related Products:

PID 110 LIR 110 PDD 110 FALC 110 DigiLock 110 LaseLock 波長計 Iscan
概要 / 型式 アナログ
PID
アナログロック-インレギュレーター Pound-Drever-
Hall法信号発生器
高速アナログ2-チャンネル
PID
汎用デジタルロッキング 他社レーザー用 PIDオプション付波長計 ロック機構付レファレンス用エタロン
サイド‐フリンジ 該当なし
トップ-フリンジ PDD付 PDD付
ロッキングバンド幅* kHz .. MHz kHz レンジ ≈ 45 MHz ≈ 10 MHz 1 MHz < 100 Hz kHz レンジ
変調周波数 0.6 Hz .. 14 kHz 20 MHz ** 17 Hz .. 25 MHz 33 Hz .. 1 MHz 該当なし
制御精度 リファレンスによる (can be very good) > 10 MHz 1 MHz (相対値)
信号解析
リロック機能
コンピューター制御
高電圧出力
高バンド幅出力
2チャンネルバージョン
SYS DC 110用モジュール
独立型
低価格 ハイエンド

*バンド幅の推定値はゲインとPID設定によります。  **5- 40 MHzバージョンもございます。

Technical Drawings(寸法図面)

Applications(アプリケーション:英文ページ)

Download(ダウンロード)

製品カタログ: Laboratory Electronics
toptica_BR_Laboratory_Electronics.pdf
理化学向け総合カタログ: Scientific Lasers (PDF, 8.1 MB)
toptica_BR_Scientific_Lasers.pdf