Toptica

TeraBeam  CW-THz発生用レーザーパッケージ

TeraBeam

  • DL DFBレーザー2台 + デジタル周波数コントロール
  • 対応波長 780nm / 1.5μm
  • テラヘルツ周波数可変範囲 最大2THz
  • 周波数確度 2GHz(絶対値)、10MHz(相対値)
  • イーサネットを介したPCによる周波数チューニング

スタンダードパッケージでは、テラヘルツ範囲での差分周波数発生に必要となるレーザー装置をご用意しています。2台のDFBレーザー、ファイバーオプティックビームコンバイナーとドライバーエレクトロニクスで構成されています。このパッケージにはTeraControlユニット(TC 110)が付属し、コンピューターによる周波数チューニングとテラヘルツフォトカレントのデジタルロックイン検知をFPGAベースで行えます。スタンダードパッケージのレーザー波長は780ないし1550nmです。

Technical Information (技術情報)

仕様:
波長範囲* 783 + 785 nm 1533 + 1538 nm
レーザー出力 (ファイバー出力) > 40 mW
( 2波長各々のファイバー出力にて)
> 30 mW
( 2波長各々のファイバー出力にて)
テラヘルツスキャン範囲 0 – 1.8 THz (典型値 2.0THz) 0 – 1.2 THz
(最大2.7THz、Tuning Range Extension使用時)
チューニング速度 最大100 GHz / sec
周波数精度 絶対値 : 2 GHz、相対値 : < 10 MHz
レーザー周波数安定度* 20 MHz RMS、100 MHz p-p @5時間、典型値
レーザー寸法、重量 80 x 80 x 270 mm (H x W x D)、2kg
2台のレーザーヘッド各々について
60 x 120 x 165 mm (H x W x D)、1kg
コントローラユニット DLC Smart
コントローラ寸法、重量 50 x 480 x 290 (H x W x D)、4kg
半導体レーザー寿命 5000時間 または 2年間 (いずれか早く到達した条件を適用)
*安定的な環境条件において

thz111

TeraBeamの基本構成図

thz222

TeraBeam780の波長校正。2台のDFB半導体レーザーの波長は約784.6nm
(網掛け部)でオーバラップしている。レーザー#1を加熱しレーザー#2を冷却
することで差周波テラヘルツ周波数は2.3THzまで増大する。

Options & Related Products (オプション、関連製品)

Technical Drawings(寸法図面)

Download(ダウンロード)

学術論文: 2.75 THz tuning with a triple-DFB laser system at 1550 nm and InGaAs photomixers
toptica_ScPaper_J_Infr_THz_Waves_2015.pdf

学術論文: Using a fiber stretcher as a fast phase modulator in a continuous wave terahertz spectrometer
Roggenbuck_JOSA_B_2012.pdf

技術記事: Laser-based terahertz generation & applications
toptica_lang_deninger_photonik_2012.pdf

学術論文: Compact cw Terahertz Spectrometer Pumped at 1.5 µm Wavelength
toptica_ScPaper_J_Infr_THz_Waves_2010.pdf

学術論文: Coherent broadband continuous-wave terahertz spectroscopy on solid-state samples
toptica_ScPaper_New_J_Phys_2010.pdf

学術論文: Precisely tunable continuous-wave terahertz source with interferometric frequency control
toptica_ScPaper_Sci_Instr_2008.pdf