Toptica

Terahertz Technology テラヘルツ技術

Terahertz Technology – Properties of Terahertz Radiation

テラヘルツ技術 ~ テラヘルツ波の特徴的な性質 ~

toptica_terahertz_radiation

Properties of Terahertz Radiation

 

  • 周波数レンジ 100 GHz .. 10 THz, 波長で 3 mm .. 30 µm に相当。
  • 遠赤外線、サブミリ波としても知られた領域です。
  • 非電離放射線でありながら繊維(衣服)、紙、段ボール、プラスチックなどに対し透過性を持ちます。
  • 水または様々な有機物に強い吸収特性を示します。
  • 高い化学的感応性を持ちます。

 

テラヘルツ波は電磁波領域における周波数100 GHzから10 THzの帯域をさします(波長換算においては3 mm から 30 μmに相当)。赤外光とラジオ波の中間に位置し様々なユニークな特性を持ち合わせています。多くのアモルファス物質に対し透過性を持ち合成物質、合成繊維また紙や段ボールに対しても同様の特性を示します。特に0.1から 5 THzの領域においては多くの生体分子、タンパク質、爆発物、麻薬で”指紋(fingerprints)”と呼ばれる特徴的な吸収ラインを示します。テラヘルツ波の2つの大きな優位点は通常光学的に不透明な材料に透過性を持つ事、また高い化学的な選択性を持つ事です。

テラヘルツ波に対して最も大きな吸収を示す材料は水です。 – この特性はアプリケーションにより有利点、不利点両方に働く事があります-大気中の湿度によりテラヘルツ波の透過距離は通常数メートルが限界です、しかしながらこの特性が湿度に敏感なアプリケーションに対して有利に働く事があります(例えば製紙業における工程の湿度管理など)。液体の水は大気中の水分よりもより強い吸収特性を示します。

テラヘルツ波はX線とは異なりイオン化効果を持たないため一般的に生物学的に無害と考えられています。