Toptica

2波長同時発振フェムト秒ファイバーレーザー

FemtoFiber dichro bioMP

    • 非線形顕微分光のための超短パルスファイバレーザー
    • 最も重要な750-1100nmでのフルオロフォアをカバー
    • 780 & 1050 nm (900 nm) にて1.5W以上の出力を実現
    • SAMモード同期、全PMファイバ構造のMOPAシステム
    • 堅牢&超小型設計(A2用紙サイズ)、ワンボタンでの操作

 

TOPTICA社の非線形顕微分光に対して全く新しいアプローチの道をご提供致します。 同じファイバーレーザーの筺体におけるひとつの出射口から780 nm (> 500 mW) および 1050 nm (> 1000 mW)の150fsec以下の超短パルス信号を発振します。 また特別なデザインを採用する事により900nmにおける仮想的な信号も同時に発生させます。これらにより二光子励起顕微分光(TPEF)において最も普遍的に用いられるGFPを含む蛍光マーカーおよび蛍光タンパクを殆ど励起する事が可能です。このレーザーシステムでは2つのフェムト秒レーザービームの強度変調、パルス周期(チャープ)、またインターパルス遅延時間を独立してコントロールする子が可能です。これらの機能はポンププローブアプリケーションに最適化するよう設計されています。またFemtoFiber dichro bio MPの高い出力はパルスSTEDアプリケーションを可能にしています。

Specifications

FemtoFiber dichro bioMP
発振波長 780 ± 10 nm 1050 ± 10 nm
出力 > 500 mW > 1000 mW
パルス幅 < 150 fs
パルス繰り返し 80 MHz
ビーム形状 TEM00, M2 < 1.2
ビーム拡がり角 < 2 mrad
直線偏光状態 > 95 % 水平
出力モード 空間出力、2つのビームは空間的に重なり同軸で出力
時間遅延精度 < 3 fs
時間遅延レンジ 最大 500 ps
GDD 補償レンジ -20000 fs2
AOM 2台搭載 (各波長に搭載)
トリガー出力 SMAコネクター出力, 50 Ω 終端
制御ユニット 励起用レーザーユニット1台内蔵。専用電源コントローラ

 

2-color 2-photon Excitation

In conventional 2-photon excitation, two photons of identical wavelength are absorbed by the sample, e.g. 2*780 nm (a) or 2*1050 nm (c). If femtosecond laser pulses of different wavelength overlap temporally and spatially at the sample, 2-color 2-photon excitation is stimulated. In that case, the sample absorbs two photons of different wavelength, e.g. 780 and 1050 nm (b). This excitation corresponds to a conventional 2-photon excitation at a wavelength of 900 nm.

 

 

Two colors, three simultaneous excitations

The FemtoFiber dichro bioMP enables all three different excitation processes at the same time, allowing to excite fluorophores at 750-1100 nm simultaneously without tuning the wavelength. GFP, YFP, and Alexa fluorophores, for example, can all be excited at the same time, with acquisition times that are comparable to single channel imaging.

Virtual Wavelength: λ3=2/(1/λ1+ 1/λ2) = 900 nm (with λ1=780 nm and λ1=1050 nm).

Condition: Temporal spatial overlap between λ1 and λ2 at the sample.

Covering most Important Fluorophores

The combination of three broad spectra at 780, 900 and 1050 nm is able to cover most important fluorophores that are commonly used for multiphoton microscopy, spanning from 750 nm to 1100 nm. The FemtoFiber dichro bioMP covers this wavelength range simulaneously without the necessity for tuning or water cooling, which is a major advantage compared to titanium-sapphire lasers that can only provide one wavelength at a time. Furthermore, the FemtoFiber dichro bioMP enables independent modulation of both beams at 780 and 1050 nm, which supports advanced microscopy techniques like CARS and SRS.

 

 

Options & Related Products(オプション/関連製品)

関連製品

  • FemtoFiber pro NIR: 近赤外フェムト秒ファイバーレーザー, 基本波1560nmへのスイッチ切り替え発振が可能
  • FemtoFiber pro UCP: 波長可変フェムト秒ファイバーレーザー(980 nm – 1400 nm)、超短パルス圧縮 (< 25 fs)
  • FemtoFiber pro TNIR: 波長可変近赤外フェムト秒ファイバーレーザー (830 – 1100 nm)
  • FemtoFErb 780: 超小型/廉価 780 nm フェムト秒ファイバーレーザー

Technical Drawings(寸法図面)

 

電源コントローラ外形寸法: 235 x 315 x 140 mm³ (w x d x h) – for each supply unit
電源仕様: 90 to 280 VAC, 47-63 Hz,  IEC 60320-C14 socket
重量: レーザーヘッド < 16 kg電源コントローラ < 4.5 kg (2台合計: 9 kg)

 

Applications(アプリケーション)

Applications

    • Multiphoton Microscopy
    • SHG Microscopy

Literature One Plus One Equals Three - Multi-line fiber lasers for nonlinear microscopy (Lang, Optik + Photonik 2014) Multi-line fiber lasers for multi-photon microscopy (Lang, Photonik International, 2015) Multi-line Faserlaser für die Multiphotonenmikroskopie (Lang, BioPhotonik 2014)

Download(ダウンロード)

製品カタログ: Ultrafast Fiber Lasers (PDF, 8.3 MB) toptica_BR_Ultrafast_Fiber_Lasers.pdf
exe